Artas Gallery

Open on 25th November 2019

Artas Gallery

205 Chowa Blds., 4-8 Tenya-machi, Hakata-ku, Fukuoka

福岡のアート情報を紹介しているWEBメディアプラスフクオカ」編集長の村上博史により2019年福岡に開廊。

「思考する」ことをテーマに、画一的な日本社会に迎合した生活の中では触れる機会のない、
独自の感性を表現している作家を中心に紹介し、自身で思考し世界を広げることの大切さを伝える。

ギャラリー名となっている「ARTAS(アルタス)」は、「art」と「as」を合わせた造語で、
「Art as」― アートが表現していることは何か。何の為のアートなのか。アートとは何か。

「思考する」という事こそアートの意義であると、
作家・作品を通して人々が思考するきっかけになればと考えております。

 

Artas Gallery 代表 / 村上 博史

Open on 25th November 2019

Artas Gallery

205 Chowa Blds., 4-8 Tenya-machi, Hakata-ku, Fukuoka

福岡のアート情報を紹介しているWEBメディア「プラスフクオカ」編集長の村上博史により2019年福岡に開廊。「思考する」ことをテーマに、画一的な日本社会に迎合した生活の中では触れる機会のない、独自の感性を表現している作家を中心に紹介し、自身で思考し世界を広げることの大切さを伝える。

ギャラリー名となっている「ARTAS(アルタス)」は、「art」と「as」を合わせた造語で、
「Art as」― アートが表現していることは何か。何の為のアートなのか。アートとは何か。
「思考する」という事こそアートの意義であると、作家・作品を通して人々が思考するきっかけになればと考えております。

Artas Gallery 代表
村上 博史

 当ギャラリーの関係者を装って、SNSへの連絡やメールによる勧誘などを行う事例が報告されておりますのでご注意ください。

少しでも不審に思われたら、無視するか当ギャラリーへお気軽にお問合わせください。

TEL : 092-287-5599

当ギャラリー関係者を装う「名乗り」

・当ギャラリーの代表の親類の知り合いや関係者など

・当ギャラリーアートディレクターの関係者など(当ギャラリーのスタッフは代表以外は福岡出身では無い為、親類縁者関係者は福岡にはおりません。)

・株式会社FUNIDEAの関係会社 など

 

主な内容

・ウェブサイトやSNSを通して、作品を見て素晴らしいと思ったので直接お会いして作品をみせて欲しいという連絡がくる。(女性のアーティストの方が多いです)

(注)当ギャラリーは身分を証明出来るオフィシャルのアカウント(ギャラリー公式アカウントや、代表の村上又は峰松のみ)からしかご連絡致しません。

(注)当ギャラリーの業務関係者がアーティストさんに直接ご連絡をする事はありません。

 

・当ギャラリーのウェブサイトやSNSで作品をみて気になったので、直接作品を見せて欲しいという連絡がくる。

(注)当ギャラリーが直接携わっている企画(ウェブサイト、SNS含む)への連絡窓口は当ギャラリーとなっております。第三者がギャラリーを介さないご連絡をする事はありません。

EXHIBITION

神園宏彰展『空白の旋律』DM02

神園宏彰展『空白の旋律』
2020.10.20.tue – 11.08.sun
11:00 – 19:00
定休日:月・火 [20日(火)は開廊]

神園宏彰展『空白の旋律』DM01

この度、Artas Gallery にて2020年10月20日(火曜日)より11月8日(日曜日)まで、神園宏彰個展『空白の旋律』を開催致します。

神園宏彰さんは福岡を拠点に活動されているアーティストです。
写真、絵画、立体作品を制作しており、今年4月に緊急事態宣言が発令された直後にArtas Galleryでオンライン展覧会『沈黙の中のエクリチュール』第一章・第二章・第三章の企画、開催をするなど、ジャンルの枠組みや技法に囚われる事なく、『人は何故絵を描くのか?』という表現の根幹に真正面から向き合いながら制作され、ヨーロッパでも高い評価を得ています。

神園宏彰の作品は、幾層ものレイヤーが重なりあいながらもシンプルな構成になっており、『人は何故絵を描くのか?』と強く訴えかけて来ます。

是非ご覧にお越し下さい。

2020.10.14
Artas Gallery
峰松宏徳

『空白の旋律』 ~神園宏彰

空白です。
この空白は、なかなか手ごわいです。
空白そのものを表現するというよりも
空白を感じる今、現在においても制作をし続け、展示する事をタイトルにして表しました。
空白の中でもじっと耳を澄ませば心臓の鼓動が聞こえます。
もしかしたら、制作と展示をその鼓動に置き換えているのかもしれません。

神園宏彰
福岡市在住
1960年 生まれ
2006年 武蔵野美術大学通信教育課程卒業
国内外・個展グループ展参加多数
代表作『29/7/1990`s portrait of vincent van gogh』は、フランス・ゴッホ財団美術館に収蔵されている
2020年 オンライン展示『非接触のエクリチュール』第一章・第二章・第三章をArtas Gallery Online で企画・開催

展覧会に関する注意事項

新型コロナウイルスの感染拡大の状況によっては、展示形態、日時の変更の可能性が御座います。

詳細などはギャラリーのSNS、ウェブサイトでご確認下さい。予めご了承下さい。

新型コロナウイルス感染症拡大防止に対する注意事項

・福岡での新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、展示形態、日時変更の可能性があります。

予めご了承下さい。※詳細はArtas GallerySNSとウェブサイトでご確認ください。

Artas Galleryでは咳エチケットや新型ウイルス対策の励行活動をおこなっております。

・ご来場頂く方はマスクの着用をお願いしております。

・咳や発熱のある方、持病をお持ちの方や体調の優れない方のご参加はお控えください。

・妊婦の方のご参加はお控えください。

・消毒用アルコールの設置を行っております。手指消毒にご協力下さい。

・お客さま同士の適度な間隔を保つため、入場制限がございます。

・ギャラリー内は空気の入れ替えの為、ドアと窓の開放及び掃除と除菌作業を定期的に行っており、空調機2台(空気清浄モード)と空気清浄機を24時間稼働させております。

・お客様が来られた際は1.5メートル離れてお話させて頂きます。

・感染予防のためスタッフがマスクの着用をしております。

[展覧会の観覧予約はこちらから]

本展覧会は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から
ご来場前にご予約をして頂いてのご観覧推奨となっております。

下記の予約フォームより必要事項を記入しご予約頂くか、
お電話にてご予約を受け付けております。

ご協力の程、よろしくお願いいたします。

予約受付電話番号:092-287-5599(※展覧会時間中の受付)

※当日予約をご希望の方はお電話にてご連絡ください。

予約日(必須)

お名前(必須)

電話番号(必須)

メールアドレス(必須)

※ArtasGalleryより展覧会情報等をお届けさせて頂く事がございます。ご了承ください。

当ギャラリーの関係者を装って、SNSへの連絡やメールによる勧誘などを行う事例が報告されておりますのでご注意ください。

少しでも不審に思われたら、無視するか当ギャラリーへお気軽にお問合わせください。

当ギャラリー関係者を装う「名乗り」

・当ギャラリーの代表の親類の知り合いや関係者など

・当ギャラリーアートディレクターの関係者など

当ギャラリーのスタッフは代表以外は福岡出身では無い為、親類縁者関係者は福岡にはおりません。

・株式会社FUNIDEAの関係会社 など

主な内容

・ウェブサイトやSNSを通して、作品を見て素晴らしいと思ったので直接お会いして作品をみせて欲しいという連絡がくる。

(女性のアーティストの方が多いです)

・(注)当ギャラリーは身分を証明出来るオフィシャルのアカウント(ギャラリー公式アカウントや、代表の村上又は峰松のみ)からしかご連絡致しません。

(注)当ギャラリーの業務関係者がアーティストさんに直接ご連絡をする事はありません。

・当ギャラリーのウェブサイトやSNSで作品をみて気になったので、直接作品を見せて欲しいという連絡がくる。

(注)当ギャラリーが直接携わっている企画(ウェブサイト、SNS含む)への連絡窓口は当ギャラリーとなっております。

第三者がギャラリーを介さないご連絡をする事はありません。

EXHIBITION

神園宏彰展『空白の旋律』DM02

神園宏彰展『空白の旋律』
2020.10.20.tue – 11.08.sun
11:00 – 19:00
定休日:月・火 [20日(火)は開廊]

神園宏彰展『空白の旋律』DM01

この度、Artas Gallery にて2020年10月20日(火曜日)より11月8日(日曜日)まで、神園宏彰個展『空白の旋律』を開催致します。

神園宏彰さんは福岡を拠点に活動されているアーティストです。
写真、絵画、立体作品を制作しており、今年4月に緊急事態宣言が発令された直後にArtas Galleryでオンライン展覧会『沈黙の中のエクリチュール』第一章・第二章・第三章の企画、開催をするなど、ジャンルの枠組みや技法に囚われる事なく、『人は何故絵を描くのか?』という表現の根幹に真正面から向き合いながら制作され、ヨーロッパでも高い評価を得ています。

神園宏彰の作品は、幾層ものレイヤーが重なりあいながらもシンプルな構成になっており、『人は何故絵を描くのか?』と強く訴えかけて来ます。

是非ご覧にお越し下さい。

2020.10.14
Artas Gallery
峰松宏徳

『空白の旋律』 ~神園宏彰

空白です。
この空白は、なかなか手ごわいです。
空白そのものを表現するというよりも
空白を感じる今、現在においても制作をし続け、展示する事をタイトルにして表しました。
空白の中でもじっと耳を澄ませば心臓の鼓動が聞こえます。
もしかしたら、制作と展示をその鼓動に置き換えているのかもしれません。

神園宏彰
福岡市在住
1960年 生まれ
2006年 武蔵野美術大学通信教育課程卒業
国内外・個展グループ展参加多数
代表作『29/7/1990`s portrait of vincent van gogh』は、フランス・ゴッホ財団美術館に収蔵されている
2020年 オンライン展示『非接触のエクリチュール』第一章・第二章・第三章をArtas Gallery Online で企画・開催

展覧会に関する注意事項

新型コロナウイルスの感染拡大の状況によっては、展示形態、日時の変更の可能性が御座います。

詳細などはギャラリーのSNS、ウェブサイトでご確認下さい。予めご了承下さい。

新型コロナウイルス感染症拡大防止に対する注意事項

・福岡での新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、展示形態、日時変更の可能性があります。

予めご了承下さい。※詳細はArtas GallerySNSとウェブサイトでご確認ください。

Artas Galleryでは咳エチケットや新型ウイルス対策の励行活動をおこなっております。

・ご来場頂く方はマスクの着用をお願いしております。

・咳や発熱のある方、持病をお持ちの方や体調の優れない方のご参加はお控えください。

・妊婦の方のご参加はお控えください。

・消毒用アルコールの設置を行っております。手指消毒にご協力下さい。

・お客さま同士の適度な間隔を保つため、入場制限がございます。

・ギャラリー内は空気の入れ替えの為、ドアと窓の開放及び掃除と除菌作業を定期的に行っており、空調機2台(空気清浄モード)と空気清浄機を24時間稼働させております。

・お客様が来られた際は1.5メートル離れてお話させて頂きます。

・感染予防のためスタッフがマスクの着用をしております。

[展覧会の観覧予約はこちらから]

本展覧会は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、ご来場頂く前にご予約して頂いてからのご観覧推奨となっております。

下記の予約フォームより必要事項を記入しご予約頂くか、お電話にてご予約を受け付けております。

ご協力の程、よろしくお願いいたします。

予約受付電話番号:092-287-5599
(※展覧会時間中の受付)

※当日予約をご希望の方は
お電話にてご連絡ください。

予約日(必須)

お名前(必須)

電話番号(必須)

メールアドレス(必須)

※ArtasGalleryより展覧会情報等をお届けさせて頂く事がございます。ご了承ください。

ARCHIVE
ー過去の展覧会

ARCHIVE
ー過去の展覧会

ARTIST
ー注目のアーティスト

ARTIST
ー注目のアーティスト

NEWS & TOPICS
ーArtas Galleryからのお知らせ

NEWS & TOPICS
ーArtas Galleryからのお知らせ

ONLINE SHOP
ーArtas Galleryが製作したZINEをメインに取り扱っています

ONLINE SHOP
ーArtas Galleryが製作したZINEをメインに取り扱っています

ARTIST IN
RESIDENCE

ーFunidea Inc.としておこなったレジデンス事業の紹介

ARTIST IN
RESIDENCE

ーFunidea Inc.としておこなったレジデンス事業の紹介

© 2019 Funidea inc.