Artas Gallery

Open on 25th November 2019

Artas Gallery

205 Chowa Blds., 4-8 Tenya-machi, Hakata-ku, Fukuoka

福岡のアート情報を紹介しているWEBメディアプラスフクオカ」編集長の村上博史により2019年福岡に開廊。

「思考する」ことをテーマに、画一的な日本社会に迎合した生活の中では触れる機会のない、
独自の感性を表現している作家を中心に紹介し、自身で思考し世界を広げることの大切さを伝える。

ギャラリー名となっている「ARTAS(アルタス)」は、「art」と「as」を合わせた造語で、
「Art as」― アートが表現していることは何か。何の為のアートなのか。アートとは何か。

「思考する」という事こそアートの意義であると、
作家・作品を通して人々が思考するきっかけになればと考えております。

 

Artas Gallery 代表 / 村上 博史

Open on 25th November 2019

Artas Gallery

205 Chowa Blds., 4-8 Tenya-machi, Hakata-ku, Fukuoka

福岡のアート情報を紹介しているWEBメディア「プラスフクオカ」編集長の村上博史により2019年福岡に開廊。「思考する」ことをテーマに、画一的な日本社会に迎合した生活の中では触れる機会のない、独自の感性を表現している作家を中心に紹介し、自身で思考し世界を広げることの大切さを伝える。

ギャラリー名となっている「ARTAS(アルタス)」は、「art」と「as」を合わせた造語で、
「Art as」― アートが表現していることは何か。何の為のアートなのか。アートとは何か。
「思考する」という事こそアートの意義であると、作家・作品を通して人々が思考するきっかけになればと考えております。

Artas Gallery 代表
村上 博史

 当ギャラリーの関係者を装って、SNSへの連絡やメールによる勧誘などを行う事例が報告されておりますのでご注意ください。

少しでも不審に思われたら、無視するか当ギャラリーへお気軽にお問合わせください。

TEL : 092-287-5599

当ギャラリー関係者を装う「名乗り」

・当ギャラリーの代表の親類の知り合いや関係者など

・当ギャラリーアートディレクターの関係者など(当ギャラリーのスタッフは代表以外は福岡出身では無い為、親類縁者関係者は福岡にはおりません。)

・株式会社FUNIDEAの関係会社 など

 

主な内容

・ウェブサイトやSNSを通して、作品を見て素晴らしいと思ったので直接お会いして作品をみせて欲しいという連絡がくる。(女性のアーティストの方が多いです)

(注)当ギャラリーは身分を証明出来るオフィシャルのアカウント(ギャラリー公式アカウントや、代表の村上又は峰松のみ)からしかご連絡致しません。

(注)当ギャラリーの業務関係者がアーティストさんに直接ご連絡をする事はありません。

 

・当ギャラリーのウェブサイトやSNSで作品をみて気になったので、直接作品を見せて欲しいという連絡がくる。

(注)当ギャラリーが直接携わっている企画(ウェブサイト、SNS含む)への連絡窓口は当ギャラリーとなっております。第三者がギャラリーを介さないご連絡をする事はありません。

EXHIBITION

斉木駿介個展
「スクショする風景」
2020.09.12.sat – 10.04.sun
11:00 – 19:00
月曜日・火曜日休廊(入場無料)

Artas Gallery
博多区店屋町4-8 蝶和ビル205
092 – 287 – 5599
artas.fun/gallery

ご挨拶
この度、Artas Gallery にて2020年9月12日土曜日より10月4日日曜日まで、斉木駿介個展「スクショする風景」を開催致します。

本展では絵画作品が発表され、福岡市内では4年ぶりの個展となります。

斉木駿介は、洪水のように情報氾濫したバーチャルとリアリティがグリッチした現代を、一つの心象風景(スクショ)として表現した作品を次々に生み出し、高い評価を得ている今注目すべき若手アーティストです。

斉木駿介の作品は、ソーシャルメディア、SNSや携帯情報端末技術が世の中に浸透したが故に生じた一般社会の問題を浮き彫りにし、情報と技術とのかかわり合い方を鋭い感性から訴えかけます。

日常に深く入り込んでくる膨大な情報とどうやって向き合うのかという問題を抱えている現代において、
斉木駿介の個展を今行う事が、未来への重要な意味を持つと考えております。

2020.09.01
Artas Gallery
アートディレクター
峰松宏徳

展覧会によせて
2019年に個展「日常とフィクション」(新宿眼科画廊)「日常とディストピア」(KANZE ARTS)を行った。

“日常”の表層に焦点を当て災害や戦争を引き合いに日常の脆さをテーマとした個展だった。

そして2020年。

中国から派生した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって私たちの日常は部分的に失われたと言っていい状況となった。

国家事業であるオリンピックも延期となり私たちは家から出ることができなくなり人との接触を極力避けるようにしなければならなくなった。

自身の去年のコンセプトであった強固であったはずの日常が失われる事態に私自身恐ろしくなった。

日常はある日突然簡単に奪われていく。

国の緊急事態宣言を受けて突然長期休業となった私は普段よりネットを見て過ごす時間が多くなっていった。

SNSを見てもコロナ禍の話題一色で真偽問わず大量に情報は溢れていた。

マスクの買い占めにはじまりトイレットペーパー、しまいにはイソジンまで手に入らなくなっていった。

私たちはネットや報道など大量の情報をディスプレイ越しに見ている。

コロナや政治的な情報もデマ情報もバズっているくだらないネタも同じタイムラインに等価値として流れてくる。

毎分毎秒更新される大量の情報に辟易する一方、検索をかければ答え(のようなもの)を造作もなく見つけ出す事ができる。

しかしそれが真実かはわからない。

大量の情報により常に最新の状態にアップデートされているといえば聞こえはいいが、それは同時に忘却を伴っている。

スクロールされた古い情報はタイムラインの底に地層のように降り積もり沈殿していく。

しかしそれは覆い隠されただけで消えてなくなったわけではない。

常にそこに存在し続けている。

斉木 駿介

私の絵画は現実やネット上のモチーフや風景、記号を解体、再構築して作られている。

私は絵画というメディアを用いて現在を記録(スクショ)したいと考えている。

描くという行為を通す事により自分が感じている現在の空気感やイメージへの解像度をより正確に伝える事が出来るのではないかと考えています。

*スクショとはスクリーンショット(PCやスマホによる画面録画)の略称です。

 

斉木駿介
web : shunsukesaiki.tumblr.com
twitter : @shunsuke_saiki

1987年 福岡県生まれ

2010年 九州産業大学 芸術学部 美術学科 卒業
「九州産業大学卒業制作展」 福岡市美術館

2011年 「新しい眼」 国立新美術館 (東京・六本木)

2012年 九州産業大学 大学院 博士前期課程 芸術研究科 美術専攻 修了

個展「more more more」 ギャラリーおいし (福岡)

2013年 個展「友達100人できるかな?」 KANZE ARTS(福岡)

「内田太郎 斉木駿介 吉井宏平 crossing 」アートスペース羅針盤(東京・京橋)

「GEISAI#18」   東京都立産業貿易センター台東館 (東京・浅草)

「KANZE ARTS opening exhibition」 KANZE ARTS(福岡)

2014年 「International Fine Arts Exhibition」PARK WEST Gallery(NY)

2015年 「FACE 味藤渚/斉木駿介/ユ・キョンジン」 アートスペース羅針盤(東京・京橋)

2016年 「この野草のひと束」 アートスペース羅針盤(東京・京橋)

「山本冬彦推薦作家によるジャケットアート展」 Gallery ARK(横浜)

「新世代アートフロンティア」 アジア美術館(福岡)

「集う 遠景-近景」 ギャラリーおいし(福岡)

2017年 「第7回Next Art展」朝日新聞東京本社(東京) 松屋銀座(東京)

「ART FAIR ASIA FUKUOKA2017 AFAF AWARDS 2017」  ホテルオークラ福岡(福岡)

2018年 「ワンダーシード2018」トーキョーワンダーサイト本郷 (東京・本郷)

「ART FAIR ASIA FUKUOKA2018 AFAF AWARDS 2018」ホテルオークラ福岡(福岡)

2019年 個展「日常とフィクション」 新宿眼科画廊(東京・新宿)

個展「日常とディストピア」 KANZE ARTS(福岡)

「14th TAGBOAT AWARD」世田谷ものづくり学校(東京)

「羅針盤セレクション展」アートスペース羅針盤(東京・京橋)

2020年  個展「スクショする風景」 Artas gallery

「15th TAGBOAT AWARD」 渋谷ヒカリエ(東京・渋谷)

「非/接触のイメージ」 斉木駿介・名もなき実昌 2人展 IAFshop*(福岡)

「未来を描く若手作家たち」 入間市博物館 (埼玉)

[展覧会の観覧予約はこちらから]

本展覧会は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から
ご来場前にご予約をして頂いてのご観覧推奨となっております。

下記の予約フォームより必要事項を記入しご予約頂くか、
お電話にてご予約を受け付けております。

ご協力の程、よろしくお願いいたします。

予約受付電話番号:092-287-5599(※展覧会時間中の受付)

※当日予約をご希望の方はお電話にてご連絡ください。

予約日(必須)

お名前(必須)

電話番号(必須)

メールアドレス(必須)

※ArtasGalleryより展覧会情報等をお届けさせて頂く事がございます。ご了承ください。

展覧会に関する注意事項

新型コロナウイルスの感染拡大の状況によっては、展示形態、日時の変更の可能性が御座います。

詳細などはギャラリーのSNS、ウェブサイトでご確認下さい。予めご了承下さい。

新型コロナウイルス感染症拡大防止に対する注意事項

・福岡での新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、展示形態、日時変更の可能性があります。

予めご了承下さい。※詳細はArtas GallerySNSとウェブサイトでご確認ください。

Artas Galleryでは咳エチケットや新型ウイルス対策の励行活動をおこなっております。

・ご来場頂く方はマスクの着用をお願いしております。

・咳や発熱のある方、持病をお持ちの方や体調の優れない方のご参加はお控えください。

・妊婦の方のご参加はお控えください。

・消毒用アルコールの設置を行っております。手指消毒にご協力下さい。

・お客さま同士の適度な間隔を保つため、入場制限がございます。

・ギャラリー内は空気の入れ替えの為、ドアと窓の開放及び掃除と除菌作業を定期的に行っており、空調機2台(空気清浄モード)と空気清浄機を24時間稼働させております。

・お客様が来られた際は1.5メートル離れてお話させて頂きます。

・感染予防のためスタッフがマスクの着用をしております。

当ギャラリーの関係者を装って、SNSへの連絡やメールによる勧誘などを行う事例が報告されておりますのでご注意ください。

少しでも不審に思われたら、無視するか当ギャラリーへお気軽にお問合わせください。

当ギャラリー関係者を装う「名乗り」

・当ギャラリーの代表の親類の知り合いや関係者など

・当ギャラリーアートディレクターの関係者など

当ギャラリーのスタッフは代表以外は福岡出身では無い為、親類縁者関係者は福岡にはおりません。

・株式会社FUNIDEAの関係会社 など

主な内容

・ウェブサイトやSNSを通して、作品を見て素晴らしいと思ったので直接お会いして作品をみせて欲しいという連絡がくる。

(女性のアーティストの方が多いです)

・(注)当ギャラリーは身分を証明出来るオフィシャルのアカウント(ギャラリー公式アカウントや、代表の村上又は峰松のみ)からしかご連絡致しません。

(注)当ギャラリーの業務関係者がアーティストさんに直接ご連絡をする事はありません。

・当ギャラリーのウェブサイトやSNSで作品をみて気になったので、直接作品を見せて欲しいという連絡がくる。

(注)当ギャラリーが直接携わっている企画(ウェブサイト、SNS含む)への連絡窓口は当ギャラリーとなっております。

第三者がギャラリーを介さないご連絡をする事はありません。

EXHIBITION

斉木駿介個展
「スクショする風景」
2020.09.12.sat – 10.04.sun
11:00 – 19:00
月曜日・火曜日休廊(入場無料)

Artas Gallery
博多区店屋町4-8 蝶和ビル205
092 – 287 – 5599
artas.fun/gallery

ご挨拶
この度、Artas Gallery にて2020年9月12日土曜日より10月4日日曜日まで、斉木駿介個展「スクショする風景」を開催致します。

本展では絵画作品が発表され、福岡市内では4年ぶりの個展となります。

斉木駿介は、洪水のように情報氾濫したバーチャルとリアリティがグリッチした現代を、一つの心象風景(スクショ)として表現した作品を次々に生み出し、高い評価を得ている今注目すべき若手アーティストです。

斉木駿介の作品は、ソーシャルメディア、SNSや携帯情報端末技術が世の中に浸透したが故に生じた一般社会の問題を浮き彫りにし、情報と技術とのかかわり合い方を鋭い感性から訴えかけます。

日常に深く入り込んでくる膨大な情報とどうやって向き合うのかという問題を抱えている現代において、
斉木駿介の個展を今行う事が、未来への重要な意味を持つと考えております。

2020.09.01
Artas Gallery
アートディレクター
峰松宏徳

展覧会によせて
2019年に個展「日常とフィクション」(新宿眼科画廊)「日常とディストピア」(KANZE ARTS)を行った。

“日常”の表層に焦点を当て災害や戦争を引き合いに日常の脆さをテーマとした個展だった。

そして2020年。

中国から派生した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって私たちの日常は部分的に失われたと言っていい状況となった。

国家事業であるオリンピックも延期となり私たちは家から出ることができなくなり人との接触を極力避けるようにしなければならなくなった。

自身の去年のコンセプトであった強固であったはずの日常が失われる事態に私自身恐ろしくなった。

日常はある日突然簡単に奪われていく。

国の緊急事態宣言を受けて突然長期休業となった私は普段よりネットを見て過ごす時間が多くなっていった。

SNSを見てもコロナ禍の話題一色で真偽問わず大量に情報は溢れていた。

マスクの買い占めにはじまりトイレットペーパー、しまいにはイソジンまで手に入らなくなっていった。

私たちはネットや報道など大量の情報をディスプレイ越しに見ている。

コロナや政治的な情報もデマ情報もバズっているくだらないネタも同じタイムラインに等価値として流れてくる。

毎分毎秒更新される大量の情報に辟易する一方、検索をかければ答え(のようなもの)を造作もなく見つけ出す事ができる。

しかしそれが真実かはわからない。

大量の情報により常に最新の状態にアップデートされているといえば聞こえはいいが、それは同時に忘却を伴っている。

スクロールされた古い情報はタイムラインの底に地層のように降り積もり沈殿していく。

しかしそれは覆い隠されただけで消えてなくなったわけではない。

常にそこに存在し続けている。

斉木 駿介

私の絵画は現実やネット上のモチーフや風景、記号を解体、再構築して作られている。

私は絵画というメディアを用いて現在を記録(スクショ)したいと考えている。

描くという行為を通す事により自分が感じている現在の空気感やイメージへの解像度をより正確に伝える事が出来るのではないかと考えています。

*スクショとはスクリーンショット(PCやスマホによる画面録画)の略称です。

斉木駿介
web : shunsukesaiki.tumblr.com
twitter : @shunsuke_saiki

1987年 福岡県生まれ

2010年 九州産業大学 芸術学部 美術学科 卒業
「九州産業大学卒業制作展」 福岡市美術館

2011年 「新しい眼」 国立新美術館 (東京・六本木)

2012年 九州産業大学 大学院 博士前期課程 芸術研究科 美術専攻 修了

個展「more more more」 ギャラリーおいし (福岡)

2013年 個展「友達100人できるかな?」 KANZE ARTS(福岡)

「内田太郎 斉木駿介 吉井宏平 crossing 」アートスペース羅針盤(東京・京橋)

「GEISAI#18」   東京都立産業貿易センター台東館 (東京・浅草)

「KANZE ARTS opening exhibition」 KANZE ARTS(福岡)

2014年 「International Fine Arts Exhibition」PARK WEST Gallery(NY)

2015年 「FACE 味藤渚/斉木駿介/ユ・キョンジン」 アートスペース羅針盤(東京・京橋)

2016年 「この野草のひと束」 アートスペース羅針盤(東京・京橋)

「山本冬彦推薦作家によるジャケットアート展」 Gallery ARK(横浜)

「新世代アートフロンティア」 アジア美術館(福岡)

「集う 遠景-近景」 ギャラリーおいし(福岡)

2017年 「第7回Next Art展」朝日新聞東京本社(東京) 松屋銀座(東京)

「ART FAIR ASIA FUKUOKA2017 AFAF AWARDS 2017」  ホテルオークラ福岡(福岡)

2018年 「ワンダーシード2018」トーキョーワンダーサイト本郷 (東京・本郷)

「ART FAIR ASIA FUKUOKA2018 AFAF AWARDS 2018」ホテルオークラ福岡(福岡)

2019年 個展「日常とフィクション」 新宿眼科画廊(東京・新宿)

個展「日常とディストピア」 KANZE ARTS(福岡)

「14th TAGBOAT AWARD」世田谷ものづくり学校(東京)

「羅針盤セレクション展」アートスペース羅針盤(東京・京橋)

2020年  個展「スクショする風景」 Artas gallery

「15th TAGBOAT AWARD」 渋谷ヒカリエ(東京・渋谷)

「非/接触のイメージ」 斉木駿介・名もなき実昌 2人展 IAFshop*(福岡)

「未来を描く若手作家たち」 入間市博物館 (埼玉)

[展覧会の観覧予約はこちらから]

本展覧会は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、ご来場頂く前にご予約して頂いてからのご観覧推奨となっております。

下記の予約フォームより必要事項を記入しご予約頂くか、お電話にてご予約を受け付けております。

ご協力の程、よろしくお願いいたします。

予約受付電話番号:092-287-5599
(※展覧会時間中の受付)

※当日予約をご希望の方は
お電話にてご連絡ください。

予約日(必須)

お名前(必須)

電話番号(必須)

メールアドレス(必須)

※ArtasGalleryより展覧会情報等をお届けさせて頂く事がございます。ご了承ください。

展覧会に関する注意事項

新型コロナウイルスの感染拡大の状況によっては、展示形態、日時の変更の可能性が御座います。

詳細などはギャラリーのSNS、ウェブサイトでご確認下さい。予めご了承下さい。

新型コロナウイルス感染症拡大防止に対する注意事項

・福岡での新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、展示形態、日時変更の可能性があります。

予めご了承下さい。※詳細はArtas GallerySNSとウェブサイトでご確認ください。

Artas Galleryでは咳エチケットや新型ウイルス対策の励行活動をおこなっております。

・ご来場頂く方はマスクの着用をお願いしております。

・咳や発熱のある方、持病をお持ちの方や体調の優れない方のご参加はお控えください。

・妊婦の方のご参加はお控えください。

・消毒用アルコールの設置を行っております。手指消毒にご協力下さい。

・お客さま同士の適度な間隔を保つため、入場制限がございます。

・ギャラリー内は空気の入れ替えの為、ドアと窓の開放及び掃除と除菌作業を定期的に行っており、空調機2台(空気清浄モード)と空気清浄機を24時間稼働させております。

・お客様が来られた際は1.5メートル離れてお話させて頂きます。

・感染予防のためスタッフがマスクの着用をしております。

ARCHIVE
ー過去の展覧会

ARCHIVE
ー過去の展覧会

ARTIST
ー注目のアーティスト

ARTIST
ー注目のアーティスト

NEWS & TOPICS
ーArtas Galleryからのお知らせ

NEWS & TOPICS
ーArtas Galleryからのお知らせ

ONLINE SHOP
ーArtas Galleryが製作したZINEをメインに取り扱っています

ONLINE SHOP
ーArtas Galleryが製作したZINEをメインに取り扱っています

ARTIST IN
RESIDENCE

ーFunidea Inc.としておこなったレジデンス事業の紹介

ARTIST IN
RESIDENCE

ーFunidea Inc.としておこなったレジデンス事業の紹介

© 2019 Funidea inc.