Artas Gallery

Open on 25th November 2019

Artas Gallery

Funidea inc. 205 Chowa Blds., 4-8 Tenya-machi, Hakata-ku, Fukuoka

株式会社FUNIDEA Artas Gallery 福岡県福岡市博多区店屋町4-8 蝶和ビル205

福岡のアート情報を紹介しているWEBメディアプラスフクオカ」編集長の村上博史により2019年福岡に開廊。

「思考する」ことをテーマに、画一的な日本社会に迎合した生活の中では触れる機会のない、
独自の感性を表現している作家を中心に紹介し、自身で思考し世界を広げることの大切さを伝える。

ギャラリー名となっている「ARTAS(アルタス)」は、「art」と「as」を合わせた造語で、
「Art as」― アートが表現していることは何か。何の為のアートなのか。アートとは何か。

「思考する」という事こそアートの意義であると、
作家・作品を通して人々が思考するきっかけになればと考えております。

 

Artas Gallery 代表 / 村上 博史

Open on 25th November 2019

Artas Gallery

205 Chowa Blds., 4-8 Tenya-machi, Hakata-ku, Fukuoka

福岡のアート情報を紹介しているWEBメディア「プラスフクオカ」編集長の村上博史により2019年福岡に開廊。「思考する」ことをテーマに、画一的な日本社会に迎合した生活の中では触れる機会のない、独自の感性を表現している作家を中心に紹介し、自身で思考し世界を広げることの大切さを伝える。

ギャラリー名となっている「ARTAS(アルタス)」は、「art」と「as」を合わせた造語で、
「Art as」― アートが表現していることは何か。何の為のアートなのか。アートとは何か。
「思考する」という事こそアートの意義であると、作家・作品を通して人々が思考するきっかけになればと考えております。

Artas Gallery 代表
村上 博史

 当ギャラリーの関係者を装って、SNSへの連絡やメールによる勧誘などを行う事例が報告されておりますのでご注意ください。

少しでも不審に思われたら、無視するか当ギャラリーへお気軽にお問合わせください。

TEL : 092-287-5599

当ギャラリー関係者を装う「名乗り」

・当ギャラリーの代表の親類の知り合いや関係者など

・当ギャラリーアートディレクターの関係者など(当ギャラリーのスタッフは代表以外は福岡出身では無い為、親類縁者関係者は福岡にはおりません。)

・株式会社FUNIDEAの関係会社 など

 

主な内容

・ウェブサイトやSNSを通して、作品を見て素晴らしいと思ったので直接お会いして作品をみせて欲しいという連絡がくる。(女性のアーティストの方が多いです)

(注)当ギャラリーは身分を証明出来るオフィシャルのアカウント(ギャラリー公式アカウントや、代表の村上又は峰松のみ)からしかご連絡致しません。

(注)当ギャラリーの業務関係者がアーティストさんに直接ご連絡をする事はありません。

 

・当ギャラリーのウェブサイトやSNSで作品をみて気になったので、直接作品を見せて欲しいという連絡がくる。

(注)当ギャラリーが直接携わっている企画(ウェブサイト、SNS含む)への連絡窓口は当ギャラリーとなっております。第三者がギャラリーを介さないご連絡をする事はありません。

EXHIBITION

黒田恵枝
内藤清加
齋藤聖菜

“They where made up hundreds and hundreds of pure, shining crystals, like fragments of glass or spun sugar.”

参加作家
黒田 恵枝
内藤 清加
齋藤 聖菜
(順不同・敬称略)

2021年9月13日(月) – 9月26日(日)
11:00 – 19:00
休廊 : 月・火
入場料無料

Artas Gallery
812 – 0025
博多区店屋町4-8 蝶和ビル205
092 – 287 – 5599

観覧予約

※コロナ蔓延防止の為、観覧はお電話(TEL:092-287-5599)かこちらのフォームより観覧予約をお願いいたします。

    予約日(必須)

    お名前(必須)

    電話番号(必須)

    メールアドレス(必須)

    ※ArtasGalleryより展覧会情報等をお届けさせて頂く事がございます。ご了承ください。

    妖-ayakashi-展

    妖 -ayakashi- 展

    参加作家
    よしなが こうたく
    黒田 恵枝
    齋藤 聖菜
    山中 智郎
    山本 哲平
    峰松 宏徳
    宮田 秀一
    (順不同・敬称略)

    2021年8月14日(土) – 9月5日(日)
    11:00 – 19:00
    休廊 : 月・火
    入場料無料

    Artas Gallery
    812 – 0025
    博多区店屋町4-8 蝶和ビル205
    092 – 287 – 5599

    ごあいさつ

    この度Artas Galleryでは、夏のグループ企画展として「妖(あやかし)」に注目した展覧会を行うこととなりました。
    「妖(あやかし)」とは、妖怪や怪異を指す言葉でもありますが、古来より日本では人間の力が及ばない天災や、理解を超える異常な現象を、神や妖怪の仕業として畏れ敬って過ごしてきました。しかし、昨今の日本人は科学技術の発展と経済成長の名のもとに、その様な人智の及ばぬものへの崇敬を忘れ、非科学的だと言われる事象からは目を背け、唯我独尊のごとく振舞ってしまっているのではないかと感じてしまいます。
    現在、世界的に流行しているコロナ等の疫病も、ウイルス等の概念が無い時代では、様々な厄神や妖の名のもとに畏れられ、畏れ敬うものとして多くの絵師が描き、奉られていました。
    本来、恐怖は生きる上で非常に重要な感情であり、恐怖があるからこそ人は自身の生命に危険を及ぼすものへの回避行動がとれます。現在の我々は、科学技術という免罪符により、様々な事象の正体を暴いたかのように恐怖を忘れ過ごしています。しかし、現在のコロナウイルスの世界的な流行を鑑みるに、未だ私達が世界の全てを解明するには程遠く、現在は非科学的だと思われている事象にこそ、実は物事の本質が現れているのかもしれません。
    今回の「妖 – ayakashi – 展」では、過去から連綿と引き継がれている妖怪や怪異のイメージに着目し、人間の感じる畏れとは何か、人智の及ばぬものへの恐怖と崇敬を今一度掘り起こし、物事の本質を感じとることの大切さを改めて意識して頂ければと思い今回のグループ展を企画いたしました。
    各作家の思い描く「妖」をぜひご高覧ください。

    Artas Gallery 村上 博史

    浦川大志企画展「線と_」

    「線と_」
    参加作家
    浦川大志、清川漠、BIEN、丸山零、名もなき実昌(順不同・敬称略)

    2021年4月29日(木) – 5月9日(日)
    11:00 – 19:00
    期間中無休
    入場料無料

    Artas Gallery
    812 – 0025
    博多区店屋町4-8 蝶和ビル205
    092 – 287 – 5599
    artas.fun/ad/gallery

     本展は、福岡を拠点として活動する浦川大志が、特徴的な線を用いて絵画を制作する若手作家を集め、その表現をドローイングを通して検証するといった試みを元に開催します。

    デジタルイメージが流通する中で、身体を伴って制作される絵画、特に直感的かつ身体的な線を有するドローイングは、単に絵画の下絵(設計図)としてではなく、それ自体を独立した作品としてとらえるだけの意味合いを持つとともに、その中に見える現代における平面やイメージへの眼差しを私たちに示してくるでしょう。それは、デジタル的なイメージがいかに私たちの身体にインプットされているか示しているのではなく、現代において変化し続ける社会やひととのかかわりの間に立つ私たちの実存と結びついているのです。

    会場では各作家の作品が展示されますが、それらは空間の中でうつろい、煙のように周囲の揺らぎを取り入れて、私たちの思考や認識をやわらかに変えて行くでしょう。

    浦川 大志

    ごあいさつ

    この度Artas Galleryでは、作品制作以外のアート活動にも勢力的に挑戦している作家をリスペクトすべく、アーティスト活動を行いながらキュレーターとしても活動する作家に注目し、Artas Galleryにて共同で企画展を開催するプロジェクトを立ち上げました。その第一弾として、福岡を拠点に国内外でアーティストとして活躍し、グループ展等のキュレーションも手掛ける 浦川 大志 氏に企画展を行って頂くこととなりました。

    インターネットやSNS等が蔓延した情報化社会と呼ばれる現代、パソコンやスマートフォン等のディスプレイを通して視覚情報に寄って得られる大量の電子的な情報は、表された情報を非現実的に感じさせてしまいます。その様な環境にさらされ続けた我々は、五感を通して得られる現実の情報も希薄化し非現実化してしまっています。浦川氏はその様な一種の非現実化してしまった現実を、あえてアナログな手法を用い、キャンバスへと描き出します。独特なグラデーションにも代表される氏の画風は、溢れ、混在し、何が真実で、何が偽りかもわからなくなってしまっている現代の中で、現実を救い取り、事象というグラデーションを幾層にも重ね合わせ、世に溢れるモノの本質を描き出しています。

    今回の展覧会では、浦川氏を中心に、作家の描く「線 drawing」に注目した企画展を行うこととなりました。
    作品に現れた線は、作家が一筆一筆、自身の手、腕、身体全体を行使し、キャンバスに描き出したものです。そこには作家の全てが込められており、線の一本一本には、作家のその時の健康状態や感情等の精神の機微、作家を構成する様々な情報が込められていると言っても過言ではありません。

    デジタルの全盛の時代となり、メディアアート等の機械的に表現される作品も出てきている昨今、また、コロナが蔓延し、人との接触が憚れている今だからこそ、改めて作家の身体性を感じることのできる「線」に注目した浦川氏の企画に賛同し、今回の展覧会を開催することとなりました。
    ぜひ作家の全てが込められた「線」をご高覧ください。

    Artas Gallery
    代表
    村上 博史

    「線と_」によせて

    Artas Galleryでは国内外問わず積極的に試みられているゲスト・キュレーターを招いての企画展を行います。

    ゲスト・キュレーターには浦川大志さんを招き、Artas Galleryの外側からの視点で作品選定や展示構成を考えてもらい、場の新陳代謝を図るプログラムです。

    Artas Galleryでもこれまでドローイングを中心にしたプロジェクトを行ってきたりと、アーティストの個性や心情がダイレクトに線の質感に色濃く反映される作品形態を大切にして参りました。

    今回はアーティストとしても活動されている浦川大志さんの作品も含めて展示をして頂くお願いもしており、アーティストとしての側面からの視点からドローイング、「線」とは何かを感じて頂ければ幸いです。

    2021.04.28
    Artas Gallery
    アートディレクター
    峰松宏徳

    展覧会に関する注意事項

    新型コロナウイルスの感染拡大の状況によっては、展示形態、日時の変更の可能性が御座います。

    詳細などはギャラリーのSNS、ウェブサイトでご確認下さい。予めご了承下さい。

    新型コロナウイルス感染症拡大防止に対する注意事項

    ・福岡での新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、展示形態、日時変更の可能性があります。

    予めご了承下さい。※詳細はArtas GallerySNSとウェブサイトでご確認ください。

    Artas Galleryでは咳エチケットや新型ウイルス対策の励行活動をおこなっております。

    ・ご来場頂く方はマスクの着用をお願いしております。

    ・咳や発熱のある方、持病をお持ちの方や体調の優れない方のご参加はお控えください。

    ・妊婦の方のご参加はお控えください。

    ・消毒用アルコールの設置を行っております。手指消毒にご協力下さい。

    ・お客さま同士の適度な間隔を保つため、入場制限がございます。

    ・ギャラリー内は空気の入れ替えの為、ドアと窓の開放及び掃除と除菌作業を定期的に行っており、空調機2台(空気清浄モード)と空気清浄機を24時間稼働させております。

    ・お客様が来られた際は1.5メートル離れてお話させて頂きます。

    ・感染予防のためスタッフがマスクの着用をしております。

    当ギャラリーの関係者を装って、SNSへの連絡やメールによる勧誘などを行う事例が報告されておりますのでご注意ください。

    少しでも不審に思われたら、無視するか当ギャラリーへお気軽にお問合わせください。

    当ギャラリー関係者を装う「名乗り」

    ・当ギャラリーの代表の親類の知り合いや関係者など

    ・当ギャラリーアートディレクターの関係者など

    当ギャラリーのスタッフは代表以外は福岡出身では無い為、親類縁者関係者は福岡にはおりません。

    ・株式会社FUNIDEAの関係会社 など

    主な内容

    ・ウェブサイトやSNSを通して、作品を見て素晴らしいと思ったので直接お会いして作品をみせて欲しいという連絡がくる。

    (女性のアーティストの方が多いです)

    ・(注)当ギャラリーは身分を証明出来るオフィシャルのアカウント(ギャラリー公式アカウントや、代表の村上又は峰松のみ)からしかご連絡致しません。

    (注)当ギャラリーの業務関係者がアーティストさんに直接ご連絡をする事はありません。

    ・当ギャラリーのウェブサイトやSNSで作品をみて気になったので、直接作品を見せて欲しいという連絡がくる。

    (注)当ギャラリーが直接携わっている企画(ウェブサイト、SNS含む)への連絡窓口は当ギャラリーとなっております。

    第三者がギャラリーを介さないご連絡をする事はありません。

    EXHIBITION

    黒田恵枝
    内藤清加
    齋藤聖菜

    “They where made up hundreds and hundreds of pure, shining crystals, like fragments of glass or spun sugar.”

    参加作家
    黒田 恵枝
    内藤 清加
    齋藤 聖菜
    (順不同・敬称略)

    2021年9月13日(月) – 9月26日(日)
    11:00 – 19:00
    休廊 : 月・火
    入場料無料

    Artas Gallery
    812 – 0025
    博多区店屋町4-8 蝶和ビル205
    092 – 287 – 5599

    観覧予約

    ※コロナ蔓延防止の為、観覧はお電話(TEL:092-287-5599)かこちらのフォームより観覧予約をお願いいたします。

      予約日(必須)

      お名前(必須)

      電話番号(必須)

      メールアドレス(必須)

      ※ArtasGalleryより展覧会情報等をお届けさせて頂く事がございます。ご了承ください。

      妖-ayakashi-展

      妖 -ayakashi- 展

      参加作家
      よしなが こうたく
      黒田 恵枝
      齋藤 聖菜
      山中 智郎
      山本 哲平
      峰松 宏徳
      宮田 秀一
      (順不同・敬称略)

      2021年8月14日(土) – 9月5日(日)
      11:00 – 19:00
      休廊 : 月・火
      入場料無料

      Artas Gallery
      812 – 0025
      博多区店屋町4-8 蝶和ビル205
      092 – 287 – 5599

      ごあいさつ

      この度Artas Galleryでは、夏のグループ企画展として「妖(あやかし)」に注目した展覧会を行うこととなりました。
      「妖(あやかし)」とは、妖怪や怪異を指す言葉でもありますが、古来より日本では人間の力が及ばない天災や、理解を超える異常な現象を、神や妖怪の仕業として畏れ敬って過ごしてきました。しかし、昨今の日本人は科学技術の発展と経済成長の名のもとに、その様な人智の及ばぬものへの崇敬を忘れ、非科学的だと言われる事象からは目を背け、唯我独尊のごとく振舞ってしまっているのではないかと感じてしまいます。
      現在、世界的に流行しているコロナ等の疫病も、ウイルス等の概念が無い時代では、様々な厄神や妖の名のもとに畏れられ、畏れ敬うものとして多くの絵師が描き、奉られていました。
      本来、恐怖は生きる上で非常に重要な感情であり、恐怖があるからこそ人は自身の生命に危険を及ぼすものへの回避行動がとれます。現在の我々は、科学技術という免罪符により、様々な事象の正体を暴いたかのように恐怖を忘れ過ごしています。しかし、現在のコロナウイルスの世界的な流行を鑑みるに、未だ私達が世界の全てを解明するには程遠く、現在は非科学的だと思われている事象にこそ、実は物事の本質が現れているのかもしれません。
      今回の「妖 – ayakashi – 展」では、過去から連綿と引き継がれている妖怪や怪異のイメージに着目し、人間の感じる畏れとは何か、人智の及ばぬものへの恐怖と崇敬を今一度掘り起こし、物事の本質を感じとることの大切さを改めて意識して頂ければと思い今回のグループ展を企画いたしました。
      各作家の思い描く「妖」をぜひご高覧ください。

      Artas Gallery 村上 博史

      浦川大志企画展「線と_」

      「線と_」
      参加作家
      浦川大志、清川漠、BIEN、丸山零、名もなき実昌(順不同・敬称略)

      2021年4月29日(木) – 5月9日(日)
      11:00 – 19:00
      期間中無休
      入場料無料

      Artas Gallery
      812 – 0025
      博多区店屋町4-8 蝶和ビル205
      092 – 287 – 5599
      artas.fun/ad/gallery

       本展は、福岡を拠点として活動する浦川大志が、特徴的な線を用いて絵画を制作する若手作家を集め、その表現をドローイングを通して検証するといった試みを元に開催します。

      デジタルイメージが流通する中で、身体を伴って制作される絵画、特に直感的かつ身体的な線を有するドローイングは、単に絵画の下絵(設計図)としてではなく、それ自体を独立した作品としてとらえるだけの意味合いを持つとともに、その中に見える現代における平面やイメージへの眼差しを私たちに示してくるでしょう。それは、デジタル的なイメージがいかに私たちの身体にインプットされているか示しているのではなく、現代において変化し続ける社会やひととのかかわりの間に立つ私たちの実存と結びついているのです。

      会場では各作家の作品が展示されますが、それらは空間の中でうつろい、煙のように周囲の揺らぎを取り入れて、私たちの思考や認識をやわらかに変えて行くでしょう。

      浦川 大志

      ごあいさつ

      この度Artas Galleryでは、作品制作以外のアート活動にも勢力的に挑戦している作家をリスペクトすべく、アーティスト活動を行いながらキュレーターとしても活動する作家に注目し、Artas Galleryにて共同で企画展を開催するプロジェクトを立ち上げました。その第一弾として、福岡を拠点に国内外でアーティストとして活躍し、グループ展等のキュレーションも手掛ける 浦川 大志 氏に企画展を行って頂くこととなりました。

      インターネットやSNS等が蔓延した情報化社会と呼ばれる現代、パソコンやスマートフォン等のディスプレイを通して視覚情報に寄って得られる大量の電子的な情報は、表された情報を非現実的に感じさせてしまいます。その様な環境にさらされ続けた我々は、五感を通して得られる現実の情報も希薄化し非現実化してしまっています。浦川氏はその様な一種の非現実化してしまった現実を、あえてアナログな手法を用い、キャンバスへと描き出します。独特なグラデーションにも代表される氏の画風は、溢れ、混在し、何が真実で、何が偽りかもわからなくなってしまっている現代の中で、現実を救い取り、事象というグラデーションを幾層にも重ね合わせ、世に溢れるモノの本質を描き出しています。

      今回の展覧会では、浦川氏を中心に、作家の描く「線 drawing」に注目した企画展を行うこととなりました。
      作品に現れた線は、作家が一筆一筆、自身の手、腕、身体全体を行使し、キャンバスに描き出したものです。そこには作家の全てが込められており、線の一本一本には、作家のその時の健康状態や感情等の精神の機微、作家を構成する様々な情報が込められていると言っても過言ではありません。

      デジタルの全盛の時代となり、メディアアート等の機械的に表現される作品も出てきている昨今、また、コロナが蔓延し、人との接触が憚れている今だからこそ、改めて作家の身体性を感じることのできる「線」に注目した浦川氏の企画に賛同し、今回の展覧会を開催することとなりました。
      ぜひ作家の全てが込められた「線」をご高覧ください。

      Artas Gallery
      代表
      村上 博史

      「線と_」によせて

      Artas Galleryでは国内外問わず積極的に試みられているゲスト・キュレーターを招いての企画展を行います。

      ゲスト・キュレーターには浦川大志さんを招き、Artas Galleryの外側からの視点で作品選定や展示構成を考えてもらい、場の新陳代謝を図るプログラムです。

      Artas Galleryでもこれまでドローイングを中心にしたプロジェクトを行ってきたりと、アーティストの個性や心情がダイレクトに線の質感に色濃く反映される作品形態を大切にして参りました。

      今回はアーティストとしても活動されている浦川大志さんの作品も含めて展示をして頂くお願いもしており、アーティストとしての側面からの視点からドローイング、「線」とは何かを感じて頂ければ幸いです。

      2021.04.28
      Artas Gallery
      アートディレクター
      峰松宏徳

      安藤圭汰企画

      „Confusing Power Grid“

       

      Architected by Keita Ando

      Supported by Artas Gallery / AD Hironori Minematsu

      2020.01.19 start

       

      Online Venue:

      https://confusingpowergrid.amebaownd.com/

       

      企画協力

      Artas Gallery / 峰松宏徳

       

      アーティスト参加国
      ベトナム
      インドネシア
      日本国

       

      安藤圭汰企画

      “Confusing Power Grid” によせて

       

      安藤圭汰さんが企画制作されたオンライン展示の企画展にArtas Galleryでアートディレクターをしております峰松宏徳がアーティストと企画制作協力で参加しております。

       

      人の移動が制限される現在。

       

      ガジェットや技術の進化、通信速度が上がっている今もなお、私は実際の展示に勝る空間は無いと考えております。

       

      しかしながら、この様な状況だからこそ、『人と人を繋ぎ、それまで知り得なかった新しい世界・視野を広げる』というインターネットの原点に焦点を当てた企画であると考え、本企画展への参加を決めました。

       

      安藤圭汰さんがこれまで大切に築き上げてこられた世界観にどっぷり浸かることができ大変光栄です。

      今後、Artas Galleryがアーティストとどう関わって行くかの転換点になればと考えております。

       

      2021.01.19

      Artas Gallery

      峰松宏徳

      展覧会に関する注意事項

      新型コロナウイルスの感染拡大の状況によっては、展示形態、日時の変更の可能性が御座います。

      詳細などはギャラリーのSNS、ウェブサイトでご確認下さい。予めご了承下さい。

      新型コロナウイルス感染症拡大防止に対する注意事項

      ・福岡での新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、展示形態、日時変更の可能性があります。

      予めご了承下さい。※詳細はArtas GallerySNSとウェブサイトでご確認ください。

      Artas Galleryでは咳エチケットや新型ウイルス対策の励行活動をおこなっております。

      ・ご来場頂く方はマスクの着用をお願いしております。

      ・咳や発熱のある方、持病をお持ちの方や体調の優れない方のご参加はお控えください。

      ・妊婦の方のご参加はお控えください。

      ・消毒用アルコールの設置を行っております。手指消毒にご協力下さい。

      ・お客さま同士の適度な間隔を保つため、入場制限がございます。

      ・ギャラリー内は空気の入れ替えの為、ドアと窓の開放及び掃除と除菌作業を定期的に行っており、空調機2台(空気清浄モード)と空気清浄機を24時間稼働させております。

      ・お客様が来られた際は1.5メートル離れてお話させて頂きます。

      ・感染予防のためスタッフがマスクの着用をしております。

      ARCHIVE
      ー過去の展覧会

      ARCHIVE
      ー過去の展覧会

      ARTIST
      ー注目のアーティスト

      ARTIST
      ー注目のアーティスト

      NEWS & TOPICS
      ーArtas Galleryからのお知らせ

      NEWS & TOPICS
      ーArtas Galleryからのお知らせ

      ONLINE SHOP
      ーArtas Galleryが製作したZINEをメインに取り扱っています

      ONLINE SHOP
      ーArtas Galleryが製作したZINEをメインに取り扱っています

      ARTIST IN
      RESIDENCE

      ーFunidea Inc.としておこなったレジデンス事業の紹介

      ARTIST IN
      RESIDENCE

      ーFunidea Inc.としておこなったレジデンス事業の紹介

      © 2019 Funidea inc.