Artas Gallery

Open on 25th November 2019

Artas Gallery

205 Chowa Blds., 4-8 Tenya-machi, Hakata-ku, Fukuoka

福岡のアート情報を紹介しているWEBメディア「プラスフクオカ」編集長の村上博史により2019年福岡に開廊。「思考する」ことをテーマに、画一的な日本社会に迎合した生活の中では触れる機会のない、独自の感性を表現している作家を中心に紹介し、自身で思考し世界を広げることの大切さを伝える。

ギャラリー名となっている「ARTAS(アルタス)」は、「art」と「as」を合わせた造語で、
「Art as」― アートが表現していることは何か。何の為のアートなのか。アートとは何か。
「思考する」という事こそアートの意義であると、作家・作品を通して人々が思考するきっかけになればと考えております。

福岡のアート情報を紹介しているWEBメディア「プラスフクオカ」編集長の村上博史により2019年福岡に開廊。「思考する」ことをテーマに、画一的な日本社会に迎合した生活の中では触れる機会のない、独自の感性を表現している作家を中心に紹介し、自身で思考し世界を広げることの大切さを伝える。

ギャラリー名となっている「ARTAS(アルタス)」は、「art」と「as」を合わせた造語で、
「Art as」― アートが表現していることは何か。何の為のアートなのか。アートとは何か。
「思考する」という事こそアートの意義であると、作家・作品を通して人々が思考するきっかけになればと考えております。

2019/11/25(月) ~ 2019/12/08(日)

安藤圭汰 個展 「apa ini PUTRA PUTRI」

安藤圭汰個展-DM表

今回Artas Galleryでの初個展となる本展では、インドネシアのジョグジャカルタ滞在中にタマンサリ奥地の瞑想場で体験した修行で得た宗教的なアイコンを二次元の平面性を利用しながら複数の意味を宿らせる多層的な絵画を制作する事にチャレンジしており、高度な宗教画の様相を呈して来ている様に思います。

彼にとって描くという行為自体が彼にとっての祈りなのかもしれません。制作された安藤圭汰の作品は死を意識しづらい現代の生活に強烈に私達に生を訴えかけてきます。

11月30日と12月1日、2日かけてライブドローイングを行う。1日目でマグリブの時間17時30分から夜中sahur時間を表し、2日目でsahurから夜明け4時30分を表す。

断食で飢餓、乾きを知り、その中で見えた原体験を表現します。

期間中無休 / 観覧無料

11:00 〜 19:00

福岡県福岡市博多区店屋町4-8 蝶和ビル205

2019/11/25(月) ~ 2019/12/08(日)

安藤圭汰 個展
「apa ini PUTRA PUTRI」

安藤圭汰個展-DM表

今回Artas Galleryでの初個展となる本展では、インドネシアのジョグジャカルタ滞在中にタマンサリ奥地の瞑想場で体験した修行で得た宗教的なアイコンを二次元の平面性を利用しながら複数の意味を宿らせる多層的な絵画を制作する事にチャレンジしており、高度な宗教画の様相を呈して来ている様に思います。

彼にとって描くという行為自体が彼にとっての祈りなのかもしれません。制作された安藤圭汰の作品は死を意識しづらい現代の生活に強烈に私達に生を訴えかけてきます。

11月30日と12月1日、2日かけてライブドローイングを行う。1日目でマグリブの時間17時30分から夜中sahur時間を表し、2日目でsahurから夜明け4時30分を表す。

断食で飢餓、乾きを知り、その中で見えた原体験を表現します。

期間中無休 / 観覧無料

11:00 〜 19:00

福岡県福岡市博多区店屋町4-8 蝶和ビル205

SNSにて情報発信中

福岡のアート情報発信中

© 2019 Funidea inc.