ARTAS部活動

2019年末、個展期間中だった安藤圭汰とArtas Galleryのアートディレクター峰松から始まったドローイングを交換しながら1枚を完成させるプロジェクト。

アルタスギャラリーに訪れた人たちによる、最初は形にならなかった、言葉を交わさない交流がみられます。

囲碁の様に1枚のドローイングを交互に描き足していったり、自身の制作場所へ1枚のドローイングを持ち帰り、文通の様に描き足していったり、その場で同時に描き足していった作品です。

2019年末、個展期間中だった安藤圭汰とArtas Galleryのアートディレクター峰松から始まったドローイングを交換しながら1枚を完成させるプロジェクト。

アルタスギャラリーに訪れた人たちによる、最初は形にならなかった、言葉を交わさない交流がみられます。

囲碁の様に1枚のドローイングを交互に描き足していったり、自身の制作場所へ1枚のドローイングを持ち帰り、文通の様に描き足していったり、その場で同時に描き足していった作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です